JavaScriptが無効化されています 有効にして頂けます様お願い致します 当サイトではJavaScriptを有効にすることで、You Tubeの動画閲覧や、その他の様々なコンテンツをお楽しみ頂ける様になっております。お使いのブラウザのJavaScriptを有効にして頂けますことを推奨させて頂きます。

関西・大阪21世紀協会概要|関西・大阪21世紀協会

関西・大阪21世紀協会 ロゴ画像
  • お問合わせ
  • リンク
  • サイトマップ
  • プレスリリース
  • 情報公開
  • 関西・大阪21世紀協会とは
  • ホーム
ホーム | 関西・大阪21世紀協会とは|関西・大阪21世紀協会概要
    文字のサイズ変更
  • 大きく
  • 普通
  • 小さく
理事長挨拶 理念 団体概要 組織構成 賛助会員

◆理事長挨拶

 2020年6月に堀井良殷前理事長のあとを受けて、関西・大阪21世紀協会の理事長に就任いたしました。2019年の夏から当協会の理事を務めておりますが、今回の理事長と言う重責に身の引き締まる思いでおります。今後ともよろしくお願い申し上げます。
 関西・大阪21世紀協会は、1982年に産官学が一体となって設立されて以来、一貫して文化による都市の活性化―『文化立都』の気運醸成に向けて活動を展開し、とりわけ21世紀に入ってからは「水都大阪の再生」「文化創造」「大阪ブランドの向上と発信」を柱に、オール大阪のミッションの推進役となって活動を先導して参りました。
 設立30周年を迎えた2012年には公益財団法人に移行し、2013年には上方文化芸能事業を承継しました。更に2014年には万博記念基金事業を承継するとともにアーツサポート関西事業を開始いたしました。
 今年2020年は、戦後最大の危機とも言われる新型コロナウイルスのパンデミックの被害が世界中に広がり、芸術・文化の分野も大きな影響を受けています。今後の見通しが不透明な中、関西・大阪21世紀協会として様々な芸術・文化活動にできる限りの支援を行うとともに、様々なイベントの文化プログラムでの結節点機能の役割も果たしてまいりたいと思っています。

主な事業

理事長
(1) 関西・大阪の文化力向上計画の提案や機運醸成、
および、それらに必要な情報収集と蓄積発信事業
(2) 関西・大阪の経済、社会の活性化に資する事業
(3) 関西・大阪の魅力と知名度向上を図る事業
(4) 関西・大阪の伝統文化催事や芸術・芸能の保護と調査研究及び促進と発信事業
(5) 上記にかかわる人材の育成事業および助成又は顕彰事業
(6) 日本万国博覧会の成功を記念するにふさわしい国際相互理解に資する活動、
または、文化的活動に対する助成事業
(7) 大阪府が日本万国博覧会の跡地において行う公園運営への寄附事業

 こうした事業を展開するためには、賛助会員をはじめ、広く皆様方のご理解・ご支援が欠かせないことは言うまでもありません。
 これまでのご支援に心より感謝申し上げますとともに、引き続きお力添えを賜りますよう心よりお願い申し上げます。 

 

Copyright(C):KANSAI・OSAKA 21st Century Association