JavaScriptが無効化されています 有効にして頂けます様お願い致します 当サイトではJavaScriptを有効にすることで、You Tubeの動画閲覧や、その他の様々なコンテンツをお楽しみ頂ける様になっております。お使いのブラウザのJavaScriptを有効にして頂けますことを推奨させて頂きます。

大阪の今を紹介! OSAKA 文化力|関西・大阪21世紀協会

関西・大阪21世紀協会 ロゴ画像
  • お問合わせ
  • リンク
  • サイトマップ
  • プレスリリース
  • 情報公開
  • 関西・大阪21世紀協会とは
  • ホーム
ホーム | ドンブリ1杯の小宇宙を
    文字のサイズ変更
  • 大きく
  • 普通
  • 小さく
ドンブリ1杯の小宇宙を 世界に誇る日本の食文化 鶴麺 TSURUMEN 大西 益央 Masuo Onishi

PROFILE

    大西 益央 Masuo Onishi

  • 5年間で、ラーメン店「鶴麺」・「らぁ麺Cliff」を超人気店に育て、多くのテレビ番組、新聞、雑誌などに取り上げられる。

    2014年2月、ハワイ進出。1号店をオープン。

    2015年6月、「らぁ麺Cliff」を「TSURUMEN Oriental noodle」としてリニューアルオープン。

    (株)オリエンタル・ヌードル&ORIENTAL NOODLE INC.代表取締役

SHOP INFORMATION

鶴麺

鶴麺

【住所】
〒538-0053
大阪府大阪市鶴見区鶴見5-1-9
【営業時間】
11:00 - 15:00、18:00 - 1:00
【電話番号】06-6939-2126
【定休日】定休日無し

TSURUMEN Oriental noodle

TSURUMEN Oriental noodle

【住所】
〒534-0025
大阪府大阪市都島区片町1-9-34
【営業時間】
11:00-15:00、17:30-22:00
【電話番号】06-6881-0755
【定休日】定休日無し

鶴麺 Tsurumen Hawaii

鶴麺 Tsurumen Hawaii

【住所】
1006 Kapahulu Avenue,
ホノルル 96816
【営業時間】
11:00-15:00、17:00-21:00
【電話番号】
+1 808-225-5699
【定休日】月曜定休

第30話 2015年は、世界ラーメン飛躍の年?

 今年も残すところあとわずか。12月は師走と申しますが、本当にやることがたくさんあり、一年で一番短く感じられる一ヶ月です。そんな年末のやることだらけの中の一つに、「年賀状」があります。


 英語ではNew year's cardといいますが、海外では新年の挨拶の文化はあまりなく、その代わりにクリスマスにクリスマスカードを送ります。そんな日本の年賀状文化を世界に発信すべく、日本郵便は通常ハガキ(52円)を航空便扱いの国際郵便ハガキとして差し出す時に必要となる郵便料金額(70円)との差額(18円)に対応した、グリーティング切手「海外グリーティング(差額用)」を発行しています。


 そしてその絵柄に、今年は「ラーメン」と「すき焼き」が描かれております。



 昨年は、「お寿司」と「天ぷら」でした。日本の伝統的な「すき焼き」「お寿司」「天ぷら」に、国内外で今人気のある「ラーメン」が仲間入りしました。



 僕は、ラーメン職人という職業柄、ラーメンは世界に誇るべき日本食だと日頃から強く思っていますが、2015年にこの思いは、日本や世界の人たちの常識になったのだとこの切手を見て感じました。


 今年は、世界的にも注目され、国内でも何かと話題のラーメンなのですが、新しいお店がすごい勢いで増えており、来年も爆発的にラーメン店は増えると予想されます。


 有名な松下幸之助の経営哲学の一つに、「水道哲学」というものがあります。「水道の水のように低価格で良質なものを大量供給することにより、物価を低廉にし、消費者の手に容易に行き渡るようにしようという思想」です。



 僕のラーメン哲学は、「ラーメンは、大衆の暮らし向上に貢献できる大衆の日常食。ファーストフードのスピード感で、あったかい贅沢な品質の料理を食べていただけるのがラーメン」です。寿司やすき焼きと違ったこのようなラーメンの要素が、実はとても重要で、世界で人気になる要因だと思います。


 電化製品と違いラーメンは食べ物です。なので、品質と安全性がとても大切です。すごいスピードで世界に広がりを見せるラーメンですが、品質を保ちながら広がることを願います。そして、僕もその一人として、来年もラーメンを世界の大衆の日常食にするために貢献したいと思っております。


 2015年もこのエッセイにお付き合いいただきありがとうございました。僕自身、2015年は激動の年でした。


 来年2016年もラーメンと大阪のさらなる飛躍を願い、年越し蕎麦ならぬ年越しラーメンを食べて、良い年を迎えたいと思っております。 では、皆様、良いお年を!



Copyright(C):KANSAI・OSAKA 21st Century Association