JavaScriptが無効化されています 有効にして頂けます様お願い致します 当サイトではJavaScriptを有効にすることで、You Tubeの動画閲覧や、その他の様々なコンテンツをお楽しみ頂ける様になっております。お使いのブラウザのJavaScriptを有効にして頂けますことを推奨させて頂きます。

大阪の今を紹介! OSAKA 文化力|関西・大阪21世紀協会

関西・大阪21世紀協会 ロゴ画像
  • お問合わせ
  • リンク
  • サイトマップ
  • プレスリリース
  • 情報公開
  • 関西・大阪21世紀協会とは
  • ホーム
ホーム | ドンブリ1杯の小宇宙を
    文字のサイズ変更
  • 大きく
  • 普通
  • 小さく
ドンブリ1杯の小宇宙を 世界に誇る日本の食文化 鶴麺 TSURUMEN 大西 益央 Masuo Onishi

PROFILE

    大西 益央 Masuo Onishi

  • 5年間で、ラーメン店「鶴麺」・「らぁ麺Cliff」を超人気店に育て、多くのテレビ番組、新聞、雑誌などに取り上げられる。

    2014年2月、ハワイ進出。1号店をオープン。

    2015年6月、「らぁ麺Cliff」を「TSURUMEN Oriental noodle」としてリニューアルオープン。

    (株)オリエンタル・ヌードル&ORIENTAL NOODLE INC.代表取締役

SHOP INFORMATION

鶴麺

鶴麺

【住所】
〒538-0053
大阪府大阪市鶴見区鶴見5-1-9
【営業時間】
11:00 - 15:00、18:00 - 1:00
【電話番号】06-6939-2126
【定休日】定休日無し

TSURUMEN Oriental noodle

TSURUMEN Oriental noodle

【住所】
〒534-0025
大阪府大阪市都島区片町1-9-34
【営業時間】
11:00-15:00、17:30-22:00
【電話番号】06-6881-0755
【定休日】定休日無し

鶴麺 Tsurumen Hawaii

鶴麺 Tsurumen Hawaii

【住所】
1006 Kapahulu Avenue,
ホノルル 96816
【営業時間】
11:00-15:00、17:00-21:00
【電話番号】
+1 808-225-5699
【定休日】月曜定休

第27話 Tsurumen in NY 〜その2〜

 ニューヨークでのチャレンジも一週間が過ぎ、お客様の反応も良く、手応えを感じはじめました。


 1週目は、鶏スープ&昆布と鰹の出汁で、王道のラーメンいわゆる「中華そば」を出していました。そこで、また僕のチャレンジ精神がむくむくとわき上がってきました。新しい味でニューヨーカーを楽しませたい!という思いです。早速、2週目に向けての創作が始まりました。




 まず頭に浮かんだのは、魚介スープに頼らずほかの食材で美味しいラーメンは作れないか?という事です。そこで僕は、日本ではおなじみのスープの素材に目を付けました。「干ししいたけ」です。


 日本では、干ししいたけで出汁をとるのは普通ですが、海外では干した野菜で出汁をとることは殆どないと思います。そして、「干ししいたけ」だけでは、弱いと考え、玉ねぎ、人参、セロリを煮込んでみました。いわゆる野菜ブイヨン+干ししいたけのスープが出来ました。


 椎茸の旨みに玉ねぎや人参の甘みやとろみが加わり、セロリで輪郭がととのったスープができました。そのスープと鶏スープを合わせて、新しいラーメンが完成しました。見た目は前とあまり変わらないのですが、味は全く異なります。そして、香りもラーメンだけどどこか洋食を思わせる風味がします。2週目からスタートした新メニューにお客さんの反応は上々でした!




 今回、このような経験をニューヨークで積んで、ラーメンそして日本食の大きな可能性を感じました。そして、そのラーメンに世界が期待しているし、大きなムーブメントになっていることをひしひしと感じました。


 今回、「鶴麺inニューヨーク」でお世話になったのは、ある製麺メーカーです。その会社は、30年前にハワイで起業して、アメリカ西海岸、アメリカ東海岸と3カ所に工場を持つ企業で、日本人社長です。


 そして、そのニューヨークチームが素晴らしいメンバーなのです。支社長は、「ニューヨークの30代以下の経営者ベスト10」に選ばれた若干29歳の日系2世の青年で、その部下はハーバード大学出身が2名いるなど精鋭ぞろいです。




 このことからも、ラーメンという業態そのものがこれから日本人の思っている以上に大きな市場を生み出し、世界の食文化を変える可能性がある証左でしょう。ここ10年以内で、世界での日本食レストランは10倍に増え、そのうち半分がラーメンになるのではないか、と予想する関係者もおられます。


 その転換期がまさに今だと思います。


 『大阪から世界へ!』。そんな、大きなラーメンの可能性と未来の日本食に少しでも協力できるように、これまで以上に努力を続けていきたいと思っております。



Copyright(C):KANSAI・OSAKA 21st Century Association