JavaScriptが無効化されています 有効にして頂けます様お願い致します 当サイトではJavaScriptを有効にすることで、You Tubeの動画閲覧や、その他の様々なコンテンツをお楽しみ頂ける様になっております。お使いのブラウザのJavaScriptを有効にして頂けますことを推奨させて頂きます。

大阪の今を紹介! OSAKA 文化力|関西・大阪21世紀協会

関西・大阪21世紀協会 ロゴ画像
  • お問合わせ
  • リンク
  • サイトマップ
  • プレスリリース
  • 情報公開
  • 関西・大阪21世紀協会とは
  • ホーム
    文字のサイズ変更
  • 大きく
  • 普通
  • 小さく
こんなに知らなかった!なにわ大坂をつくった100人

第14話 継体天皇けいたいてんのう(?-531年)

淀川水系に誕生した謎の大王

継体天皇は崩御後の諡号(しごう)で、男大迹王(おほどのおおきみ)と呼ばれていた。日本書紀によれば、父の彦主人王(ひこうしおう)は近江国高島郡三尾野(現在の滋賀県高島市あたり)を本拠にした地方豪族であったが、幼くして父を亡くしたため、母の振媛(ふるひめ)の故郷である越前国高向(現在の福井県坂井市丸岡町あたり)で育てられ、長じて5世紀末の越前地方を統治していた。

507年に崩御した武烈天皇に跡継ぎがいなかったため、大友金村(おおとものかなむら)らが協議し、まずは丹波国にいた仲哀天皇五世の孫である倭彦王(やまとひこおおきみ)を抜擢。しかし倭彦王は迎えの兵士を見て、自分を討伐にやってきたと勘違いし、姿をくらましてしまった。そこで次に、越前にいた応神天皇五世の孫にあたる男大迹王を推挙した。最初は男大迹王も金村らに対して疑いをもっていたため、河内馬飼首荒籠(かわちのうまかいのおびとあらこ)に使いを出して確かめたところ本意だということが分かり、即位を決意した。河内国交野郡にあった樟葉宮(大阪府枚方市楠葉丘の交野天神社付近が伝承地)で第26代天皇に即位するが、この時、男大迹王はすでに57歳だった。さらに大友金村の助言により、仁賢天皇の皇女で武烈天皇の妹である手白香皇女(たしらかわのひめみこ)を皇后にする。

512年、朝鮮半島の高句麗や百済の勢力が伸び、神功皇后の新羅征討によって得た任那四県に対して、百済の割譲要求を飲まざるを得ない状況になる。527年、筑紫国造磐井(つくしのくにのみやつこいわい)の乱が勃発。磐井は朝鮮半島との交易を通じて勢力を広め、新羅に兵を送ろうとする朝廷に対して進路を妨害しようとしたが、継体天皇は物部麁鹿火(もののべのあらかい)を九州に遣わしこれを制圧した。

継体天皇は樟葉宮での即位後、山城国筒城宮、弟国宮を経て20年後にようやく大和磐余玉穂宮(いわれのたまほ)に遷り、大和入りを果たした。しかし、その5年後、82歳で崩御。日本書紀には三島藍野陵(みしまのあいののみささぎ:現 茨木市大田茶臼山(おおだちゃうすやま)古墳)に葬られたとされている。


謎の大王と呼ばれるわけ

古墳時代を語るとき、継体天皇が謎の大王と呼ばれる最大の理由は、応神天皇五世の孫とされている点である。五世代も離れると疎遠すぎて皇統の継承性が疑われ、全く新しい王統といっても差し支えないとする説も多い。別の言い方をすると、今上天皇まで連綿として続いてきたとされる皇統は、実は継体天皇から発しているかもしれないということである。


誕生の地・近江高島の遺跡群

継体天皇の誕生の地とされる近江国高島郡三尾野は、琵琶湖の西岸・滋賀県高島市安曇川地区に隣接する。国道23号線を朽木方面へ北東に向かい、国道を左に折れると三重生(みおう)神社に到着。祭神は、彦主人王と振媛と石碑に刻まれている。

三重生神社から西へ道路の右側の山道に少し入ったところに、石の柵に囲われた三尾神社旧跡碑と「安産もたれ石」が並んで立つ。母の振媛が出産時にもたれかかったという石で、今でもこの地では妊婦が石を撫でた手でお腹をさすっては安産を願う風習が残っているらしい。途中で道を尋ねた地元の女性にそのことを聞いてみたが、「さあ、どうだかね…」と笑い飛ばしていた。

「安産もたれ石」からさらに山道を登ると、彦主人王御陵(ひこうしおうごりょう:地元では王塚(おうづか)古墳と呼んでいる)へ通じる両側に高い杉木立が並ぶ。その奥まったところに陵墓が控えていた。直径58m、高さ10mの帆立貝式古墳で、継体天皇の父・彦主人王の墓とされ、現在、安曇(あど)陵墓参考地として宮内庁で管理されている。あたり一帯には、この御陵を盟主墳とした40数基の古墳群(田中(たなか)古墳群)が広がる。

一旦安曇川駅に戻り、湖西線にそって南に進むと、継体天皇の皇子で第27代安閑天皇を祀る安閑神社、さらに南西へ5分歩くと道路右手に「胞衣塚(えなづか)」があり、ここには振媛がへその緒を埋めたという伝承が残る。

鴨川に架かる「天皇橋」を渡ると、鴨稲荷山(かもいなりやま)古墳に到着する。全長60mの周濠をもった前方後円墳で未盗掘の古墳であった。後円部に横穴式石室が設けられ、家形石棺が納められていた。石棺の中からは、金銅製の宝冠、飾り靴、金製の耳飾りなどの副葬品が出ており、被葬者はこの地を治めた首長の一人と見られている。鴨稲荷山古墳の出土品(レプリカを含む)は、高島歴史民俗資料館に展示されている。

継体天皇は、生後わずか10年で母の故郷である越前へと去ったにもかかわらず、この地に数多くの関連遺跡や伝承が残っているのには驚きである。これも地方豪族として、他の地域の豪族に劣らない一大勢力を有した父・彦主人王の存在がいかに大きかったかを示すものであろう。後の天皇即位のバックグランドとしてその権威が十分力を発揮したにちがいない。


即位の地「樟葉宮」旧跡へ

枚方市の樟葉中学北側の深い森に交野天神社がある。中に入ると、右手に「樟葉宮舊蹟」と「桓武天皇先帝御追尊之地」の石碑が二本立つ。表示に従って森の中を登っていくと、階段の踊場に「此付近継体天皇樟葉宮地」の小さい石碑があり、その先に貴船神社の小さいお社と「史跡 継体天皇樟葉宮伝承地」の石碑が立つ。この樟葉宮こそ、淀川水系に生まれた初の古代政権誕生の地となった場所である。継体天皇は眼下に流れる淀川を見て、「この流れは近淡海(ちかつあわうみ=琵琶湖の古称)や越前に繋がっている、ここは越前と一衣帯水の地ではないか」と勇気を奮い起こしたのかもしれない。


ヤマト政権の中枢だった磐余玉穂宮旧跡

即位してから20年、2度の遷都を経ていよいよ継体政権は大和の磐余玉穂宮に遷る。現在の桜井市の磐余の地は、多くの天皇がこの地を都と定めた、まさにヤマト政権の中心地である。集落に入ると、正面の小高い森が見え、稚桜(わかざくら)神社」の石柱と鳥居が見える。第十六代仁徳天皇の皇太子であった履中天皇は、ここ磐余稚桜宮で即位した。

神社の階段を上がり、木の間から西南方向の丘陵状に林が見えるあたりが継体天皇の4つ目の都、磐余玉穂宮の伝承地であると思われる。継体天皇が、水運の権力を掌中に握っていた淀川水系から離れ、ヤマト政権の中枢地に本拠を遷しえたのは、ここヤマトの地で生まれた手白香皇女と皇后に近しい皇族が継体天皇を後押しする強力な後ろ盾になったことは想像に難くない。


今城塚古墳と三嶋藍野陵(太田茶臼山古墳)

高槻市が運営・管理する古墳公園「いましろ 大王の杜」はこの種の公園として日本最大規模で、その中核をなすのが長年の調査・研究で今や定説となった継体天皇の真の墓とされる「今城塚(いましろづか)古墳」である。古墳時代後期の6世紀前半に築造され、墳丘の長さ190m、二重の濠がめぐらされ、総長約350m、総幅約340mにおよぶ前方後円墳で、とくに目を引くのは、北東面の埴輪祭祀広場。三つのゾーンに展開された家、太刀、盾、人物、動物など200体以上の実物大の埴輪のレプリカが並び、当時の祭祀の様子を詳細に再現しているのは日本ではここだけだという。

古墳公園から内濠と外濠を結ぶトンネルをくぐり、「今城塚古代歴史館」に入る。大王墓の葬送儀礼の展示スペースでは、三つの石棺のレプリカが並べられ圧倒される。整備された環境と施設を兼ね備えたこの古墳公園は、日本で唯一足を踏み入れることのできる天皇陵でもあるとされる。

一方、日本書紀に記載され宮内庁が継体天皇の陵墓として管理する「三嶋藍野陵(太田茶臼山古墳)」は、今城塚古墳からそう遠くない場所にある。この古墳は、全長226m、前方部幅147m・前方部高19.8m、後円部径138m・後円部高19.2m。濠幅28~33mを有する大型の前方後円墳である。円筒埴輪のほかに馬形埴輪や甲冑型埴輪などが出土しているがいずれも5世紀中頃のもので継体天皇の没年とされる6世紀前半とは合致せず、継体天皇と何らかの関係があった豪族の墓とする説が有力である。

また、継体天皇が天皇に即位するまで50年近く過ごした越前(福井県)には、数多くの足跡が残っている。それを鑑みれば、武烈天皇崩御、皇統の断絶というヤマト政権の危機にあって、越前の三大河川を制し、人心を掌握した実績を背景に、河川環境のよく似た河内国淀川水系の地に即位した男大迹大王こそ、余人をもって代えがたい最高最上の適任者であったのかもしれない。

2016年4月

(長谷川俊彦)



≪参考文献≫
 ・高槻市教育委員会編『継体天皇と今城塚古墳』、『継体天皇の時代』
 ・大阪府史編集専門委員会『大阪府史』
 ・水谷千秋『謎の大王継体天皇』文春新書
 ・白石太一郎『古墳とヤマト政権』文春新書
 ・吉村武彦『ヤマト王権』岩波新書
 ・岡谷公二『神社の起源と古代朝鮮』平凡社新書



≪施設情報≫
○ 三重生神社
   滋賀県高島市安曇川町常盤木1239
   電:0740−33−7101(びわ湖高島観光協会)
   アクセス:JR湖西線「安曇川」駅から古賀線・朽木線バスで約5分
         「三重生」下車すぐ

○ 安産もたれ石
   滋賀県高島市安曇川町田中
   電:0740−33−7101(びわ湖高島観光協会)
   アクセス:JR湖西線「安曇川」駅から横山・田中線バスで約5分
         「馬場」下車、徒歩約10分(三重生神社から徒歩10分)

○ 彦主人御陵(王塚古墳)
   滋賀県高島市安曇川町田中
   電:0740−33−7101(びわ湖高島観光協会)
   アクセス:JR湖西線「安曇川」駅から横山・田中線バスで約5分
         「馬場」下車、徒歩約17分(三重生神社から徒歩15分)

○ 田中古墳群
   滋賀県高島市安曇川町田中
   電:0740−33−7101(びわ湖高島観光協会)
   アクセス:JR湖西線「安曇川」駅から横山・田中線バスで約5分
         「馬場」下車、徒歩約22分(彦主人御陵から徒歩5分)

○ 安閑神社
   滋賀県高島市安曇川町三尾里362-2
   電:0740−33−7101(びわ湖高島観光協会)
   アクセス:JR湖西線「安曇川」駅から徒歩約10分

○ 胞衣塚
   滋賀県高島市安曇川三尾里
   電:0740−33−7101(びわ湖高島観光協会)
   アクセス:JR湖西線「安曇川」駅から高島・安曇川線バスで約10分
         「三尾里」下車、徒歩約7分

○ 鴨稲荷山古墳
   滋賀県高島市鴨
   電:0740−36−1553(高島歴史民俗資料館)
   アクセス:JR湖西線「安曇川」駅から高島・安曇川線バスで約10分
         「宿鴨」下車、徒歩約5分

○ 高島歴史民俗資料館
   滋賀県高島市鴨2239
   電:0740−36−1553(高島歴史民俗資料館)
   アクセス:JR湖西線「安曇川」駅から高島・安曇川線バスで約10分
         「宿鴨」下車、徒歩約2分

○ 樟葉宮跡の杜
   枚方市樟葉野田2丁目
   アクセス:京阪電鉄「樟葉」駅から京阪宇治交通バスで約15分
         「長沢」下車、徒歩5分

○ 磐余玉穂宮
   奈良県桜井市池之内
   アクセス:近鉄大阪線「大福」駅下車、徒歩25分

○ いましろ 大王の杜公園
   高槻市郡家新町48-8
   電:072−682−0820
   アクセス:JR京都線「摂津富田」駅から高槻市営バス「今塚古墳前」下車、
         徒歩すぐ(公園内に今城塚古墳、公園に隣接して今城塚古代歴史館)

○ 三嶋藍野陵(太田茶臼山古墳)
   茨木市太田3丁目
   電:072−620−1620(茨木市商工労政課)
   アクセス:阪急電鉄京都線「茨木」駅から近鉄バス「太田」下車、徒歩5分

Copyright(C):KANSAI・OSAKA 21st Century Association